クルセイドシステムカードシリーズ オフィシャルサイト > 攻略記事

攻略記事

クルセイド レガリア The Three Sacred Stars攻略記事

FILE:370

「レガリア The Three Sacred Stars」の簡単なデッキの使い方を紹介!

今回は、11月18日に発売予定の「レガリア The Three Sacred Stars」の簡単なデッキの使い方と、「クルセイド」独特のルールである「エース」を解説!
レガリア The Three Sacred Stars」のデッキは、「レガリア」である3人のキャラが、Gからそれぞれ対応する機体を召喚して戦うデッキとなっています。 CH-002レナ・アステリア 召喚! U-001アレクト CH-004ティア・クレイス 召喚! U-008ティシス CH-006ケイ・ティエスト 召喚! U-014メガエラ
3ターン目に何人もの「レガリア」を展開するのには「復活の女神」がオススメ!

レガリア」「契約者」のキャラはほとんどが3コストなので、自分のレベルが3の時に「復活の女神」をプレイすれば、デッキの上7枚から好きな組み合わせでキャラを2枚まで場に展開できます!

さらに、手札から通常通りのキャラのプレイで「レガリア」キャラを展開すれば、3ターン目に主力のユニットを一気に3枚並べることも可能です! C-001復活の女神 キャラの展開をサポート!自分の手札にはいないキャラを優先的に場に出そう!
契約者」のキャラは「レガリア」キャラが呼び出したユニットに乗り込んで、一緒に戦うことができます!

契約者」キャラそれぞれ強力な能力を持っていますので、一気に戦力を増強できます。 CH-001ユインシエル・アステリア 一緒に搭乗! CH-002レナ・アステリア U-001アレクト CH-003サラ・クレイス 一緒に搭乗! CH-004ティア・クレイス U-008ティシス CH-005イングリッド・ティエスト 一緒に搭乗! CH-006ケイ・ティエスト U-014メガエラ

アレクト」の強力な能力で相手ユニットを爆散させよう!

レナ・アステリア」が召喚する「アレクト」は、自分と相手のユニットにそれぞれ「エース」を与える能力を持っています。

この能力で相手の「エース」の上限をオーバーさせることで、そのユニットを排除することができる強力なユニットです!
U-001アレクト エースオーバーさせて爆散!
●クルセイドルール解説:「エース」を与えるだけで何故相手のユニットを排除できるの?

クルセイド」では自分のユニットが持つ「エース」の値は合計5までとなっています。
これを超えるようにユニットを場に出すことはできないのですが、何らかの効果で「エース」が増えて上限を超えてしまった場合、「エース」は5まで」という鉄の掟を守るために、その超えてしまったユニットを捨て札にしなくてはいけないのです。

レガリア」ユニットたちはデフォルトでは「エース」を持っていませんが、他の「クルセイド」の主力ユニットたちは「エース1~3」を持つのが基本となっていますので、自分のユニットの「エース」は超えないように、相手のユニットの「エース」だけをオーバーさせることで、簡単に排除することができるのです!

(さらに、おまけとしてこの「エース」オーバーによる捨て札は、「破壊されない」や「移動しない」といった強力な除去耐性をすり抜けることもできます!)

今回は、「レガリア The Three Sacred Stars」の解説をお送りしました。

それでは次回もお楽しみに!

※テキストは開発中につき、実際の商品とは異なる場合がございます。

クルセイドアーカイブ
公認大会に参加して、トップエースを手に入れよう!
特殊効果の使い方!
スーパーロボット大戦Vブースター1箱とスターターのカードでデッキを作ってみた
第1弾ブースター「新たなる航海へ」 トップエース全15種のデッキを紹介!
「アムロ・レイ」デッキと「兜甲児」デッキと ブースターのおすすめカードを紹介!
スターターセットを改造&プロモーションカードで強化した「叢雲総司」デッキを紹介!
スパロボV限定大会に参加しよう!
2017年3月31日適用新ルール 自動型テキスト・武装変更のルール変更についての詳細
3月31日より「分かりにくかったクルセイドの一部のルール」を「分かりやすいルール」に変更します
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~詳細レポート
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~速報レポート
「サンライズクルセイド 無限の救済」シーズンデッキ紹介
サテライト大会大阪&東京レポート
トップエースについて
トップエースの使い方

“PlayStation”、“PS4”、“PS Vita”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。