クルセイドシステムカードシリーズ オフィシャルサイト > 攻略記事

攻略記事

OGクルセイド攻略記事

FILE:319

OGクルセイド 第14弾 ~受け継がれし翼~カード紹介

共同作業
共同作業」は、Gにしておくだけで場に出た「魔装機神」ユニット(+α)の操者をデッキから探し出してセットすることができるようになります! これにより、いままで以上にスムーズに場の展開を進めていくことが可能です。

また、コマンドとしてもG1枚に黒/赤レベルを追加で発生させることで、「OGクルセイド」の動き出しの遅さをケアすることができる優秀なカードとなっています。
サイバスター(精霊憑依ver./アカシックノヴァ)
今回の「サイバスター(精霊憑依ver./アカシックノヴァ)」は、交戦中のユニットを問答無用でゲームから取り除く強烈なテキストを持っています。
さらには、「熱血」か「幸運」のキャラがいれば、そのユニットを相手の手札とデッキからも取り除くことができますので、後続も完全にシャットアウト可能です!
グランヴェール(精霊憑依ver./正伝・火風青雲剣)
グランヴェール(精霊憑依ver./正伝・火風青雲剣)」は、一気に大量の相手ユニットを破壊することも可能なやんちゃなテキストを持ったユニットです。
相手が分けたユニット群のどちらかを破壊するので、ほぼ確実に破壊したいユニットを破壊できる上に、相手の分け方によっては“おまけ”で破壊できるユニットも増えていきます!
グランヴェール&ガルガーディア/ヤンロン&レミア
グランヴェール&ガルガーディア」は、4コストの「グランヴェール」ですので「武装変更」元として使いやすいユニットとなっています。 使いやすい効果ダメージテキストも持っていますので、11弾の「グランヴェール(精霊憑依ver.)」との相性も良くなっています。

ヤンロン&レミア」は、相手の[常駐]テキストを無効にすることで、ダメージ対策テキストを無視して効果ダメージを与えることができるようになるキャラです!
ガッデス(精霊憑依ver./ラグナロク・サーガ)/テュッティ・ノールバック
ガッデス(精霊憑依ver./ラグナロク・サーガ)」は、「鉄壁」の効果を攻撃力の弱体化だけではなく、戦闘力全体を減少させる効果に変更するとんでもないユニットとなっています。 さらには、“チームにユニットが2枚以上”などの制限もなくなり、隣の戦闘エリアの交戦ユニットも弱体可能と至れり尽くせりの能力になります!

テュッティ・ノールバック」は、「鉄壁(3)」を持っているため「ガッデス(精霊憑依ver./ラグナロク・サーガ)」と相性が良く、さらに「魔装機」「魔装機神」ユニットにセットされていれば、チーム戦闘力の計算を攻撃力+支援力で行えるようになるため、これまでの各種「ガッデス」の弱点であった“攻撃力の低さ”も補えるようになっています!
ザムジード(精霊憑依ver./極意・真和合一)/ガッデス&ザムジード
ザムジード(精霊憑依ver./極意・真和合一)」は、圧倒的な戦闘力に跳ね上がるフィニッシャーにもってこいのユニットです。 「ザムジード(精霊憑依ver.)」でユニットを一掃して、このユニットに「武装変更」すれば、さっくりと相手のデッキをつめていくことができるでしょう!

ガッデス&ザムジード」は、“4コスト”“「エース」無し”“条件付き「クイック」”と「武装変更」元として優秀で、相手のユニットを戦闘エリアに引っ張り出す能力とあわせて「魔装機神」デッキで活躍すること間違いなしでしょう!
サイフィス/グランバ ガッド/ザムージュ
今弾には「魔装機神」とゆかりの深い精霊4体が収録!
それぞれ操者や機体を強化することができます。
アッシュ
アッシュ」は、毎ターンデッキから「PT」ユニットを探し出して手札に加えることができるユニットです。
さらには、自身が捨て札になった時に手札からコストを無視して「PT」ユニットを場に出せますので、相手は毎ターン手札の補充をされるか大型のユニットを出されるかの選択を迫られるでしょう!

ATX」ユニットも「PT」を持っていますので、無理なく混ぜることができます!
エグゼクスバイン/イング
エグゼクスバイン」は、場に出ただけ、攻撃しただけで改造コインでもあるスライダーチップを発生させることが可能で、さらには改造コインの個数の倍のダメージを交戦中のユニットに与えることができる単機で完結したユニットとなっています!
ダメージテキストでは自分のユニットも被害を受けてしまいますが、スライダーチップにダメージを与えることでこちら側の被害をほぼ0に軽減することができます!

さらには、「イング」がいれば破壊されたスライダーチップがすぐさま増えて戻ってきますので、ダメージテキストでバンバン相手ユニットを破壊していきましょう!
エクスバイン/エクスバインボクサー エクスバインガンナー/備えあれば
エクスバイン」は、7弾の「エグゼクスバイン」、8弾の「エグゼクスバイン(ブラックホール・バスターキャノン)」と相性が良い効果をあわせもったユニットです。

エクスバインボクサー」と「エクスバインガンナー」は、改造コインが乗っていても「改造」することができるユニークな能力を持っており、“改造コインが乗った時”に起動するテキストが毎ターン使えるようになっています!
イルイ
イルイ」は、改造コインが増える毎に手札の補充が可能な便利なキャラです!
手札のキャラをデッキの下に送ることもできますので、「共同作業」との相性もバツグンです!
サーベラス・イグナイト(S)
サーベラス・イグナイト(S)」は、最速で2ターン目にプレイ可能なユニットで、各種「サーベラス」「ガルムレイド」の「武装変更」にできる優秀なユニットです!
場に出た時にデッキの上3枚から好きなカードを手札に加えることができますので、「武装変更」先を探し出して、「クイック」とあわせて手札補充効果を使い続けましょう!
サーベラス・イグナイト(G)
サーベラス・イグナイト(G)」は、「エース」がないので「サーベラス・イグナイト(S)」からの「武装変更」先にピッタリのユニットです。

強力なテキストを使うにはキャラが必要ですが、前弾の「サーベラス」を使えば簡単にどちらのキャラもそろえることが可能です。
ガルムレイド・ブレイズ(S)
ガルムレイド・ブレイズ(S)」は、相手が資源コストを支払わない限り、交戦中のユニットをゲームから取り除いてしまうことができるテキストを持ったユニットです。
たとえ相手が資源コストを支払っても、ユニットが返ってくるのはターン終了時ですので、そのターンの攻防はこちら側が有利に進めることができるでしょう!

テキストを使うにはこちらも資源コストが必要ですが、前弾の「アクア・ケントルム」がいる状態で相手が資源コストを支払えば、こちらの資源コストはまるまる帰ってくるというミラクルが発生します!
メディウス・ロクス/アルベロ・エスト
メディウス・ロクス」は、場に出た時に「TEA」ユニットを探し出すことができるテキストを持っています。
このテキストは、3枚目以降であればGにした時でも使えますので、足回りとして非常に優秀なカードとなっています。

アルベロ・エスト」は、「TEA」にセットされている全キャラを強化できるテキストを持っています。
通常であれば+1/+1/+1だけですが、前弾の「サーベラス」を使えばキャラが2枚セットできますので、+2/+2/+2という強化に早変わりします!
また、9弾の「エルデ・ミッテ」にひどいことをされると、一気に手札の補充も行えます。
ヴァイスリッター/ペルゼイン・リヒカイト
ヴァイスリッター」は条件を満たせば「エース」が消えるユニットで、「クイック」+場に出た時に交戦ユニットにダメージというシンプルながら使いやすいテキストを持っています。

ペルゼイン・リヒカイト」は、相討ちテキスト持ちのユニットですが、前弾の「アルフィミィ」がいれば、自分だけは何度でも復活可能ですので、見た目以上に嫌らしい厄介なユニットなっています。
キョウメイ朱/キョウメイ蒼
今弾の「キョウメイ」は3コストです!

キョウメイ」デッキで「武装変更」元兼名称増加枠として使うも良し、「エース」がない「速攻」ユニットな点を活かして「魔装機神」デッキに入れるも良しと、さまざまなデッキで使えるユニットとなっています。
テューディ・ラスム・イクナート/ネーゼリア
テューディ・ラスム・イクナート」は、デッキから「ネーゼリア」を探し出し、直接場に出すことができるキャラです。

ネーゼリア」は、「エース」のないユニットとしては破格のテキストを兼ね揃えており、信頼性の高いユニットなっています。
ラミア・ラヴレス
ラミア・ラヴレス」は、序盤から場に配備可能なキャラで、手札の質を高めることができます。
さらには、4レベル以降には自分のユニットに飛び乗り活動状態にすることで、プレイしたユニットが即座に攻撃可能になるようにもなります!
さらに、次のターンには自身の戦闘修正も強化されますので、飛び乗り&活動状態テキストがより使いやすくなるでしょう!
クルセイドアーカイブ
特殊効果の使い方!
スーパーロボット大戦Vブースター1箱とスターターのカードでデッキを作ってみた
第1弾ブースター「新たなる航海へ」 トップエース全15種のデッキを紹介!
「アムロ・レイ」デッキと「兜甲児」デッキと ブースターのおすすめカードを紹介!
スターターセットを改造&プロモーションカードで強化した「叢雲総司」デッキを紹介!
スパロボV限定大会に参加しよう!
2017年3月31日適用新ルール 自動型テキスト・武装変更のルール変更についての詳細
3月31日より「分かりにくかったクルセイドの一部のルール」を「分かりやすいルール」に変更します
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~詳細レポート
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~速報レポート
「サンライズクルセイド 無限の救済」シーズンデッキ紹介
サテライト大会大阪&東京レポート
トップエースについて
トップエースの使い方

“PlayStation”、“PS4”、“PS Vita”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。