クルセイドシステムカードシリーズ オフィシャルサイト > 攻略記事

攻略記事

魔法騎士レイアース

FILE:271

クルセイドアーカイブ
「魔法騎士レイアースで遊ぼう! 後編・戦闘をしてみよう!」

今回は、11月21日に発売予定の「【クルセイド】魔法騎士レイアース」を使って、「クルセイド」の遊び方を紹介します。

後半では場に出した「UNIT」カードを使っての戦闘の方法を解説します。

前編のおさらい

前編での場の状況
前編では「UNIT」カードの「龍咲海」と「クレフ」を場に出し、さらに「CHARACTER」カードの「獅堂光」を「龍咲海」にセットして強化しました。

1.「龍咲海」で攻撃してみよう!(先攻4ターン目)

このターンは「UNIT」カードと「CHARACTER」カードを1枚ずつ場に出したので、これ以上カードを場に出すことができません。

今まではここでターンを終了していたのですが、今回は縦向き「UNIT」カードである「龍咲海」がいるため、相手のデッキに攻撃をすることができます!

縦向きの「UNIT」カードを「戦闘エリア」に移動させると攻撃することができます。
(「戦闘エリア」は2つありますが、どちらに移動させてもかまいません)
戦闘エリア 攻撃!
あなたの攻撃に対して、相手は縦向きの「UNIT」カードがあれば防御することができます。
今回は相手の「UNIT」カードは横向きの「ラファーガ」だけですので、「龍咲海」の攻撃を防御することができません。
攻撃が防御されなかった場合、相手のデッキにダメージを与えることができます。
与えるダメージの量は、「UNIT」カードの「戦闘力」によって決まります。
戦闘力 攻撃力 支援力 防御力
攻撃している「龍咲海」の攻撃力は、セットされている「CHARACTER」の「獅堂光」の強化分を加えて「4(2+2)」となりますので、相手のデッキに4ダメージを与えることができます。
攻撃力4
相手のデッキにダメージを与えた場合、相手は与えられたダメージと同じ枚数のカードをデッキから「捨て山」に移動させます。
デッキのカードを「捨て山」に移動させるときは、「1枚ずつ」「裏向きのまま」移動させます。
「捨て山」のカードは、それぞれのデッキの横に裏向きで置く。「捨て山」のカードの順番を変えたり、中を見てはいけません。
このようにお互いに相手のデッキにダメージを与えていき、先に「相手のデッキを0枚にしたら」ゲームに勝利します。
ダメージを与えたら、「UNIT」カードを「戦闘エリア」から戻しましょう。
戦闘エリア」から帰ってくるとき、全ての「UNIT」カードは横向きになってしまいます。
戦闘エリア 「戦闘エリア」からは横向きで戻ってきます。(横向きの「UNIT」カードでは、攻撃や防御ができません)
UNIT」カードが戻ってきたら、ターンを終了しましょう。
あなたの4ターン目終了時

2.「後攻」の人のターンを待とう。(後攻4ターン目)

相手は横向きの「ラファーガ」を縦向きにし、カードを1枚引きました。
その後、手札のカード1枚をGにして、「ラファーガ」に「CHARACTER」カードの「アルシオーネ」をセットしました。
「ラファーガ」の「戦闘力」が「5/2/2」にアップ!
アルシオーネ」を場に出した後、相手は「UNIT」カードは使わずに、攻撃もせずにターンを終了しました。

3.「龍咲海」と「クレフ」で攻撃してみよう!(先攻5ターン目)

まずは、前のターンに場に出した「クレフ」と、攻撃して横向きになってしまった「龍咲海」を縦向きにしましょう。
カード画像
次にカードを1枚引きましょう。
カード画像
カードを引いたら、手札にある「獅堂光」をGにしましょう。
カード画像
これでGが5枚になりましたので、今引いた「CHARACTER」カードの「龍咲海」を「クレフ」にセットしましょう。
「クレフ」の「戦闘力」が「2/4/5」にアップ!
CHARACTER」カードの「龍咲海」の右側のコストは1ですので、場に出すときにデッキのカードを1枚、「捨て山」に移しましょう。
デッキ
次に手札に残っている「UNIT」カードの「鳳凰寺風」を場に出しましょう。
カード画像
これで手札のカードはなくなってしまったので、縦向きの「龍咲海」と「クレフ」で相手のデッキに攻撃しましょう!

縦向きの「UNIT」カードが2枚ある場合、それぞれの「UNIT」が攻撃することができます。
その場合、2つある「戦闘エリア」にそれぞれバラバラに攻撃するか、同じ「戦闘エリア」で一緒に攻撃することができます。
戦闘エリア 戦闘エリア 一緒に攻撃!
バラバラに攻撃する場合は、2.のときと同じように「龍咲海」と「クレフ」の攻撃力の分だけのダメージを与えることができます。

この場合、「龍咲海」の攻撃力4と、「クレフ」の攻撃力2を合わせて6ダメージになります。
攻撃力4 攻撃力2
一緒に攻撃する場合、攻撃する「UNIT」カードの順番を決める必要があります。

今回は「龍咲海」を先頭にして、「クレフ」を2番目にしましょう。

UNIT」カードの順番を決めたら、ダメージの値が決まります。

先頭の「龍咲海」はこれまで通り攻撃力を参照しますが、2番目にいる「クレフ」は支援力の分だけダメージを増やすことができます。

この場合、「龍咲海」の攻撃力4と、「クレフ」の支援力4を合わせて8ダメージとなります。
先頭は攻撃力 攻撃力4 2番目以降は支援力 支援力4
※「UNIT」カードは何枚でも攻撃させることができます。
戦闘エリア」は最大2つですが、それぞれの「戦闘エリア」に攻撃させる「UNIT」カードの枚数に上限はありません。
一緒に攻撃した方がダメージが大きいので、「龍咲海」と「クレフ」で一緒に攻撃しましょう!
戦闘エリア
今回は「ラファーガ」が縦向きですので、相手が「ラファーガ」で防御をしてきました。
戦闘エリア 防御!
相手が防御してきてお互いの「UNIT」カードが1つの戦闘エリアにいる場合、「交戦中」となります。

交戦中」の「UNIT」カードは、デッキではなくそれぞれお互いにダメージを与えあいます。
「ラファーガ」攻撃力である5ダメージ 「龍咲海」の攻撃力と「クレフ」の支援力の合計である8ダメージ!
龍咲海」と「クレフ」は8ダメージを与え、「ラファーガ」は5ダメージを与えます。

UNIT」カードに戦闘でダメージが与えられる場合、それぞれ1番前の「UNIT」カードから順番にダメージが与えられます。
1番前の「UNIT」の防御力以上のダメージが与えられる場合、その次の「UNIT」カードに残りのダメージが与えられます。

相手の1番前の「UNIT」カードである「ラファーガ」に8ダメージが与えられます。
ラファーガ」の防御力は2ですので、8ダメージで「ラファーガ」は「破壊」されてしまいます。残りのダメージが6ありますが、「ラファーガ」の後ろに「UNIT」カードはいませんので、これ以上ダメージは与えられません。

あなたの1番前の「UNIT」カードである「龍咲海」にも5ダメージが与えられます。
龍咲海」の防御力は4ですので、5ダメージで「龍咲海」は「破壊」されてしまいます。残りのダメージが1ありますので、このダメージは後ろにいる「クレフ」に与えられますが、「クレフ」の防御力は5ですので、「クレフ」は「破壊」されません。
「ラファーガ」に2ダメージ(「破壊」)「龍咲海」に4ダメージ(「破壊」)「クレフ」に1ダメージ
破壊」された「UNIT」カードや「CHARACTER」カードは、それぞれお互いの「ジャンクヤード」に移しましょう。
ジャンクヤード」には、使い終わったカードが表向きで置かれます。

※「UNIT」カードにセットされていた「CHARACTER」カードも一緒に「破壊」され「ジャンクヤード」に移動します。
ジャンクヤード」にカードを移したら、残った「クレフ」を「戦闘エリア」から戻して、ターンを終了しましょう。
戦闘エリア カード画像 あなたの4ターン目終了時

ゲームに勝利してみよう!(先攻?ターン目)

ゲームは進行していき、お互いのデッキが「9枚」になりました。

あなたの場には、「クレフ」+「龍咲海」(戦闘力2/4/5)と、「ラファーガ」(戦闘力5/0/5)と、「レイアース」(戦闘力7/0/6)の3枚の縦向きの「UNIT」カードがあります。

相手の場にも縦向きの「魔神エメロード」(戦闘力8/3/8)が1枚あるため、あなたの攻撃はどちらかは防御されてしまいます。

あなたの手札には、このターン引いた「CHARACTER」カードの「獅堂光」が1枚あります。
このターン、あなたはまだカードを使っていませんので、今引いた「獅堂光」を使った後に、「UNIT」カードで総攻撃をして、このターン中にゲームに勝利しましょう!
あなたの4ターン目終了時

ゲームに慣れたら、カードの効果(テキスト)を使ってみよう!

以上が「クルセイド」のゲームの流れとなります。

今回はゲームがどのように進むかを覚えるために、カードが持つ効果(テキスト)を使わずに、戦闘力の比べあいだけでゲームを進めました。

あなたがゲームに慣れてきたら、徐々にカードが持つ効果を使って遊んでみるのも良いでしょう!

今回は「魔法騎士レイアースで遊ぼう!」の後編として、戦闘の仕方を解説をしました。

それでは次回もクルセイドアーカイブお楽しみに!

クルセイドアーカイブ
皇帝杯~THE FINAL CUP~ 大会レポート
第2弾ブースター「果て無き激戦」 トップエース8種のデッキを紹介!
公認大会に参加して、トップエースを手に入れよう!
特殊効果の使い方!
スーパーロボット大戦Vブースター1箱とスターターのカードでデッキを作ってみた
第1弾ブースター「新たなる航海へ」 トップエース全15種のデッキを紹介!
「アムロ・レイ」デッキと「兜甲児」デッキと ブースターのおすすめカードを紹介!
スターターセットを改造&プロモーションカードで強化した「叢雲総司」デッキを紹介!
スパロボV限定大会に参加しよう!
2017年3月31日適用新ルール 自動型テキスト・武装変更のルール変更についての詳細
3月31日より「分かりにくかったクルセイドの一部のルール」を「分かりやすいルール」に変更します
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~詳細レポート
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~速報レポート
「サンライズクルセイド 無限の救済」シーズンデッキ紹介
サテライト大会大阪&東京レポート
トップエースについて
トップエースの使い方

“PlayStation”、“PS4”、“PS Vita”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。