GRANBLUE FANTASY TRADING CARD GAME

遊び方

2017/3/25グラブルカードフェス東京 大会レギュレーション

2017/3/25グラブルカードフェス東京 大会レギュレーション
大会 予選ラウンド レギュレーション
試合形式
  • スイスドロー形式で行われます。
    1本勝負です。4回戦を行います。
制限時間
  • ・1試合の制限時間は30分です。
    制限時間内に勝負が付かない場合は、そのゲームは両者敗北となります。
ポイント
  • ・プレイヤーは、各セットの対戦結果に応じてポイントを獲得します。
  • 勝利…3ポイント
    敗北…0ポイント
  • ※不戦勝となったプレイヤーは、勝利として扱います。
組み合わせ
  • ・1セット目は無作為な抽選により決定されます。
    2セット目以降は、その時点のポイントの近いプレイヤー同士で組み合わせが決定されます。
順位
  • 1.獲得ポイントが高いプレイヤー
  • 2.対戦相手の獲得ポイントが高いプレイヤー
  • 3.対戦相手のうち、自分が勝利した相手の獲得ポイントが高いプレイヤー
  • ※4回戦目が終了した時点で、全勝者が複数人いる場合は、こちらの算出方法で順位を決定します。
デッキ
  • ・ルールに従って構築した、1枚~5枚の団長デッキ1つと50枚のメインデッキ1つを用意します。
    団長デッキは6枚以上の場合、不正となります。
    また、ランク0の団長カードが入っていなかったり、1つの性別以外の団長カードが入っている場合、不正となります。
    メインデッキは49枚以下や51枚以上の場合、不正となります。
  • ・同じカードNoを持つカードは団長デッキ/メインデッキにそれぞれ4枚までしか入れる事ができません。
  • ・召喚石カードはメインデッキに8枚までしか入れる事ができません。
    9枚以上のデッキは不正となります。
  • ※各回戦毎に異なるデッキを使用することはできません。
スリーブ
  • ・カードスリーブは必ず着用してください。
    ただし色・模様が統一されていないスリーブや、カード表面が映り込むスリーブ、傷や汚れなどでカードを特定できるスリーブ、シャッフル等を阻害する恐れのある多重スリーブの使用を禁止します。
途中棄権
  • ・大会参加者は、大会を途中棄権する事ができます。
  • ・途中棄権は、自分の試合終了後に行う事ができます。
    途中棄権する場合、その試合時間の終了時までに、受付に途中棄権する旨を伝えます。
    受付に無断で途中棄権する事はできません。
  • ・途中棄権した場合、そのプレイヤーは以後の対戦組合せから除外され、最終順位もつけられません。
  • ・試合に一定時間以上遅刻し、その試合の終了時間までに受付に連絡が無い場合、途中棄権扱いとなる場合があります。
対戦中の注意事項
  • ・ゲーム開始前には必ず対戦相手の目の前で念入りにシャッフルしてください。
  • ・対戦中は、団長デッキ/メインデッキ以外のゲームカードを、身の回り(衣服の中、デッキケース、対戦卓等)に置かないでください。
    大会で使用しないカードは、カバン等にしまっておきましょう。
  • ・対戦中、疑問や質問がある場合は、速やかにジャッジ(審判)を呼んでください。
ゲーム上のルール
  • ・最新の「グランブルーファンタジーTCG 遊び方マニュアル」、「フロアルール」に基づいて開催されます。
    また「ルールQ&A」及び「ルール・リファレンス」で発表されている内容も全て適用して行われます。
  • ・「フロアルール」とこのレギュレーションで矛盾するものがある場合、このレギュレーションの内容を優先します。
ジャッジに関して
  • ・ゲーム中のルール判断や、ルールを誤解したプレイ・不正が発覚した際は、必ずジャッジを呼んで指示を仰いで下さい。
  • ・ジャッジの指示には従いましょう。
    大会中は担当ジャッジの指示が絶対となります。
ゲーム中の注意事項
  • ・公式HPのルールQ&Aを事前に確認しておきましょう。
  • ・ゲーム開始前には必ず対戦相手の目の前で念入りにシャッフルしてください。
  • ・対戦中は、メインデッキ以外のゲームカードを、身の回り(衣服の中、デッキケース、対卓等)に置かないでください。大会で使用しないカードは、カバン等にしまっておきましょう。
  • ・対戦中の飲食、携帯電話等の使用は基本的に禁止です。
  • ・対戦前、対戦後の挨拶を心がけてください。
    互いに楽しい対戦を心掛けましょう。
  • ・相手のカードを触る場合、相手の許可を取ってから行ってください。
  • ・ゲーム中、対戦相手以外のプレイヤーや観戦者と会話してはいけません。
    また観戦者は対戦中のプレイヤーに話かけてはいけません。
  • ・相手を挑発したり、罵倒する発言は行ってはいけません。
    紳士的な態度を心がけましょう。
  • ・不正(ツミコミやイカサマ等)は絶対に禁止です。
  • ・ゲーム中の宣言(プレイ等)は、1つ1つはっきりと宣言してください。
    また対戦相手はそれに対する了解をはっきりと表明してください。
  • ・対戦中に勝ち目がないと判断したプレイヤーは、「投了」することができます。
  • ・ゲーム中の公開情報(各デッキ/手札の枚数、奥義ゲージの中身等)は相手プレイヤーも常に確認する事ができます。
    これらの確認を対戦相手に要求された場合、正確に提示して下さい。
    虚偽の提示をした場合、罰則の対象となります。
  • ・自分の手札は常にテーブルの上にして、枚数や裏面が対戦相手に見えるようにゲームを行ってください。
    テーブルの下で持つ等、対戦相手から見えなくなるような持ち方はいけません。
  • ・故意に対戦時間を引き延ばす行為は、罰則の対象となる事があります。
    故意か否かに関わらず、過度の長考等によって対戦時間が引き延ばされている場合も罰則の対象となる事があります。
  • ・対戦中、虚偽の発言や対戦相手を惑わす誘導やブラフ等の発言行為は謹んでください。
  • ・自分に有利なルーリング解釈を相手に押し付けないようにしてください。
大会 決勝トーナメント レギュレーション
試合形式
  • ・トーナメント形式で行われます。
    1本勝負です。
制限時間
  • ・1試合の制限時間は30分です。
    制限時間内に勝負が付かない場合はエクストラターンを行います。
  • ・エクストラターンについて
    エクストラターンは、制限時間内にゲームが終わらなかった場合に行われます。
    時間切れの瞬間に、進行中のターンを0ターン目とし、次のプレイヤーのターンを1ターン目と数え、順番に3ターン目まで追加ターンを行います。
    3ターン目終了時点で勝負が付かない場合、アーマーと手札の枚数の合計が多い方が勝利となります。
    3ターン目終了時点でアーマーと手札の枚数の合計が同数の場合、アーマーと手札の枚数の合計に差がつくか、いずれかのプレイヤーが敗北するまでゲームを続行します。
順位
  • ・敗北した時点で順位が確定します。
  • ・1回戦で敗北した場合、同率8位となります。
  • ・2回戦で敗北した場合、2回戦目に敗北したプレイヤー同士で試合を行い、勝者が3位、敗者が4位となります。
  • ・3回戦で敗北した場合、2位となり、勝利した場合、1位となります。
デッキ
  • ・ルールに従って構築した、1枚~5枚の団長デッキ1つと50枚のメインデッキ1つを用意します。
    団長デッキは6枚以上の場合、不正となります。
    また、ランク0の団長カードが入っていなかったり、1つの性別以外の団長カードが入っている場合、不正となります。
    メインデッキは49枚以下や51枚以上の場合、不正となります。
  • ・同じカードNoを持つカードは団長デッキ/メインデッキにそれぞれ4枚までしか入れる事ができません。
  • ・召喚石カードはメインデッキに8枚までしか入れる事ができません。
    9枚以上のデッキは不正となります。
  • ※予選で使用したデッキと異なるものを使用できます。
  • ※各回戦毎に異なるものを使用することはできません。
スリーブ
  • ・カードスリーブは必ず着用してください。
    ただし色・模様が統一されていないスリーブや、カード表面が映り込むスリーブ、傷や汚れなどでカードを特定できるスリーブ、シャッフル等を阻害する恐れのある多重スリーブの使用を禁止します。
途中棄権
  • ・大会参加者は、大会を途中棄権する事ができます。
  • ・途中棄権は、自分の試合終了後に行う事ができます。
    途中棄権する場合、その試合時間の終了時までに、受付に途中棄権する旨を伝えます。
    受付に無断で途中棄権する事はできません。
  • ・途中棄権した場合、そのプレイヤーは以後の対戦組合せから除外され、最終順位もつけられません。
  • ・試合に一定時間以上遅刻し、その試合の終了時間までに受付に連絡が無い場合、途中棄権扱いとなる場合があります。
対戦中の注意事項
  • ・ゲーム開始前には必ず対戦相手の目の前で念入りにシャッフルしてください。
  • ・対戦中は、団長デッキ/メインデッキ以外のゲームカードを、身の回り(衣服の中、デッキケース、対戦卓等)に置かないでください。
    大会で使用しないカードは、カバン等にしまっておきましょう。
  • ・対戦中、疑問や質問がある場合は、速やかにジャッジ(審判)を呼んでください。
ゲーム上のルール
  • ・最新の「グランブルーファンタジーTCG 遊び方マニュアル」、「フロアルール」に基づいて開催されます。
    また「ルールQ&A」及び「ルール・リファレンス」で発表されている内容も全て適用して行われます。
  • ・「フロアルール」とこのレギュレーションで矛盾するものがある場合、このレギュレーションの内容を優先します。
ジャッジに関して
  • ・ゲーム中のルール判断や、ルールを誤解したプレイ・不正が発覚した際は、必ずジャッジを呼んで指示を仰いで下さい。
  • ・ジャッジの指示には従いましょう。
    大会中は担当ジャッジの指示が絶対となります。
ゲーム中の注意事項
  • ・公式HPのルールQ&Aを事前に確認しておきましょう。
  • ・ゲーム開始前には必ず対戦相手の目の前で念入りにシャッフルしてください。
  • ・対戦中は、メインデッキ以外のゲームカードを、身の回り(衣服の中、デッキケース、対卓等)に置かないでください。大会で使用しないカードは、カバン等にしまっておきましょう。
  • ・対戦中の飲食、携帯電話等の使用は基本的に禁止です。
  • ・対戦前、対戦後の挨拶を心がけてください。
    互いに楽しい対戦を心掛けましょう。
  • ・相手のカードを触る場合、相手の許可を取ってから行ってください。
  • ・ゲーム中、対戦相手以外のプレイヤーや観戦者と会話してはいけません。
    また観戦者は対戦中のプレイヤーに話かけてはいけません。
  • ・相手を挑発したり、罵倒する発言は行ってはいけません。
    紳士的な態度を心がけましょう。
  • ・不正(ツミコミやイカサマ等)は絶対に禁止です。
  • ・ゲーム中の宣言(プレイ等)は、1つ1つはっきりと宣言してください。
    また対戦相手はそれに対する了解をはっきりと表明してください。
  • ・対戦中に勝ち目がないと判断したプレイヤーは、「投了」することができます。
  • ・ゲーム中の公開情報(各デッキ/手札の枚数、奥義ゲージの中身等)は相手プレイヤーも常に確認する事ができます。
    これらの確認を対戦相手に要求された場合、正確に提示して下さい。
    虚偽の提示をした場合、罰則の対象となります。
  • ・自分の手札は常にテーブルの上にして、枚数や裏面が対戦相手に見えるようにゲームを行ってください。
    テーブルの下で持つ等、対戦相手から見えなくなるような持ち方はいけません。
  • ・故意に対戦時間を引き延ばす行為は、罰則の対象となる事があります。
    故意か否かに関わらず、過度の長考等によって対戦時間が引き延ばされている場合も罰則の対象となる事があります。
  • ・対戦中、虚偽の発言や対戦相手を惑わす誘導やブラフ等の発言行為は謹んでください。
  • ・自分に有利なルーリング解釈を相手に押し付けないようにしてください。