GRANBLUE FANTASY TRADING CARD GAME

遊び方

グランブルーファンタジーTCGブースターパック第4弾「遥かなる蒼天」カード個別Q&A

グランブルーファンタジーTCGブースターパック第4弾「遥かなる蒼天」カード個別Q&A

BO04-001《[千年を探す者]ユエル(最終上限解放)》

Q. 紅蓮++で上限解放している相手の団員を2回戦闘不能にすることはできますか?
A. いいえ、できません。
効果の対象をX枚選ぶ、という指示がある場合、X枚の対象を同時に選ぶ必要があります。 団員2枚を選ぶ効果で、同じ団員を2回選ぶことはできません。
Q. 紅蓮++でアーマーと団員を選択した場合、団員の戦闘不能とアーマーの破壊はどちらから先に行われますか?
A. 先に団員の戦闘不能を行います。
Q. 紅蓮++で団員の戦闘不能とアーマーの破壊の両方を行った場合、相手はアーマーの破壊処理と団員の補充処理のどちらを先に行いますか?
A. アーマーの破壊処理を先に行います。
Q. 参之舞・燼花の効果では《[千年を探す者]ユエル(最終上限解放)》自身のHPやATKも+1されますか?
A. はい、+1されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. 参之舞・燼花の効果は《[千年を探す者]ユエル(最終上限解放)》が登場した後に登場した団員もHPやATKに+1されますか?
A. はい、+1されます。
参之舞・燼花は期間の指定が無い永続効果なので、《[千年を探す者]ユエル(最終上限解放)》が登場している間は常に有効になります。
《[千年を探す者]ユエル(最終上限解放)》が登場している限り、すべての火属性の団員は常にHPとATKに+1され続けます。

BO04-002《[エンド・オブ・ザ]アオイドス》

Q. ATK+2チップが置かれている《[エンド・オブ・ザ]アオイドス》の上に上限解放した場合、ATK+2チップはどうなりますか?
A. 上限解放したカードの上に置かれます。
Q. ATK+2チップが置かれている《[エンド・オブ・ザ]アオイドス》が別の領域に移動した時、ATK+2チップはどうなりますか?
A. ゲームから取り除かれます。

BO04-004《[竜騎士]ノイシュ》

Q. フルスラスト+の効果で相手のレベルカードを複数持つ団員を選んだ場合、置くレベルカードはどちらのプレイヤーが選びますか?
A. フルスラスト+を発動したプレイヤーが選びます。
Q. 《[竜騎士]ノイシュ》の登場後に登場した団員も、リッターシルト・エレメンの効果で受けるダメージに-2されますか?
A. はい、-2されます。
リッターシルト・エレメンは永続効果なので、《[竜騎士]ノイシュ》が登場中であれば、常に有効です。

BO04-005《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》

Q. 断っておくが、お前のは特別製だの効果では《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》自身のHPやATKも+1されますか?
A. いいえ、されません。
「他の団員」等の対象を指示されているので、《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》自身のHPやATKは+1されません。
Q. 断っておくが、お前のは特別製だの効果は《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》が登場した後に登場した団員もHPやATKに+1されますか?
A. はい、+1されます。
断っておくが、お前のは特別製だは期間の指定が無い永続効果なので、《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》が登場している間は常に有効になります。
《パーシヴァル(ホワイトデーVer.)》が登場している限り、すべての火属性の団員は常にHPとATKに+1され続けます。

BO04-006《[失い得るは]ユエル》

Q. 迎暁の儀の効果では《[失い得るは]ユエル》自身のHPも+1されますか?
A. はい、+1されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. 迎暁の儀の効果は《[失い得るは]ユエル》が登場した後に登場した団員もHPに+1されますか?
A. はい、+1されます。
迎暁の儀は期間の指定が無い永続効果なので、《[失い得るは]ユエル》が登場している間は常に有効になります。
《[失い得るは]ユエル》が登場している限り、すべての火属性の団員は常にHPに+1され続けます。

BO04-007《ザルハメリナ》

Q. フレアの効果で、バトルによるダメージも+2されますか?
A. はい、+2されます。
Q. フレアの効果で、【アシスト】によって発生するダメージも+2されますか?
A. いいえ、されません。
味方とは、登場している、団長と団員を指すので、アシストなどによる手札で発動するダメージは、味方の与えるダメージではありません。
Q. フレアの効果を受けたカードが、相手の団員を複数枚選んでダメージを与える効果を発動した場合、それぞれに与えるダメージはどうなりますか?
A. 与えられるすべてのダメージに+2します。
フレアの効果は、1つの効果によってダメージの処理が複数発生する場合、それぞれのダメージの処理でダメージを+2します。
Q. フレアを発動した後に登場した団員が与えるダメージも+2されますか?
A. いいえ、+2されません。
フレアは発動した時点で登場している味方にのみ有効です。

BO04-008《[ゴブリンキラー]ティナ(最終上限解放)》

Q. 連炎の灯火++の効果で相手の団員が戦闘不能になり、相手のアーマーが破壊されました。
この場合、相手は団員の補充とアーマーの破壊の処理どちらを先に行いますか?
A. アーマーの破壊処理を先に行います。
Q. 登場していた《[ゴブリンキラー]ティナ(最終上限解放)》が、何かしらによって団員エリアから移動しました。移動した結果、自分の登場している団員のランクの合計が自分の宝晶石の枚数以上になった場合、自分の団員をランクの合計が宝晶石の枚数以下になるようにする必要がありますか?
A. いいえ、する必要はありません。
登場している団員のランクが自分の宝晶石の枚数以下になる必要があるのは、団員を登場や上限解放する際のみです。

BO04-013《[操炎の魔剣士]カレン》

Q. フレイムフィールの効果で、バトルによるダメージも+1されますか?
A. はい、+1されます。
Q. フレイムフィールの効果で、【アシスト】によって発生するダメージも+1されますか?
A. いいえ、されません。
味方とは、登場している、団長と団員を指すので、アシストなどによる手札で発動するダメージは、味方の与えるダメージではありません。
Q. フレイムフィールの効果を受けたカードが、相手の団員を複数枚選んでダメージを与える効果を発動した場合、それぞれに与えるダメージはどうなりますか?
A. 与えられるすべてのダメージに+1します。
フレイムフィールの効果は、1つの効果によってダメージの処理が複数発生する場合、それぞれのダメージの処理でダメージを+1します。
Q. フレイムフィールが発動した後に登場した団員が与えるダメージも+1されますか?
A. いいえ、+1されません。
フレイムフィールは発動して時点で登場している味方にのみ有効です。

BO04-016《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》

Q. ケーニヒシルト+の効果では《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》自身の受けるダメージも-3されますか?
A. はい、-3されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. ケーニヒシルト+の効果は《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》が登場した後に登場した団員も受けるダメージ-3されますか?
A. はい、-3されます。
ケーニヒシルト+は期間の指定が無い永続効果なので、《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》が登場している間は常に有効になります。
《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》が登場している限り、すべての水属性の団員は常に受けるダメージ-3され続けます。
Q. ソード・オブ・リュミエール+の効果でデッキの下にカードを2枚置く場合、置く順番はどちらのプレイヤーが決めますか?
A. 相手のプレイヤーが決めます。
Q. ソード・オブ・リュミエール+の効果で団員がデッキの下に置かれた時、団員の補充は行えますか?
A. いいえ、行えません。
団員の補充は、団員が戦闘不能になり、奥義ゲージに置かれた時のみ行います。

BO04-017《[夢見る音符]リルル》

Q. 君に逢いたくて……+の効果では《[夢見る音符]リルル》自身のHPとATKも+2されますか?
A. はい、+2されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. 君に逢いたくて……+の効果は《[夢見る音符]リルル》が登場した後に登場した団員もHPとATKに+2されますか?
A. はい、+2されます。
君に逢いたくて……+は期間の指定が無い永続効果なので、《[夢見る音符]リルル》が登場している間は常に有効になります。
自分のターン中、《[夢見る音符]リルル》が登場している限り、すべての水属性の味方は常にHPとATKに+2され続けます。
Q. 翼があれば、きっと届くよ。+の効果で味方の数を参照する場合、《[夢見る音符]リルル》自身も含みますか?
A. はい、《[夢見る音符]リルル》自身も含みます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。

BO04-019《[友誼の騎士]ヴェイン》

Q. アームゲイン+の効果で味方の団員の数を参照する場合、《[友誼の騎士]ヴェイン》自身も含みますか?
A. はい、《[友誼の騎士]ヴェイン》自身も含みます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. 自分のアーマーの数と相手のアーマーの数が同じ場合、リスキーディストラクション+の効果で相手の団員1枚をデッキの上に戻せますか?
A. いいえ、戻すことはできません。
自分のアーマーが少ない場合のみ戻すことができます。

BO04-024《[君と紡ぐ、空の物語]カタリナ》

Q. ディスペルマウントの効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《[君と紡ぐ、空の物語]カタリナ》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
【アシスト】の効果は手札からのみ発動可能なので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも【アシスト】の効果で選ぶことができます。
Q. ディスペルマウントの効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《[君と紡ぐ、空の物語]カタリナ》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
召喚石カードは団長エリアと団員エリアのカードではないので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも召喚石カードの効果で選ぶことができます。
Q. ディスペルマウントの効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《[君と紡ぐ、空の物語]カタリナ》を選ぶことができますか?s
A. いいえ、できません。
登場した団員カードは既に団員エリアのカードなので、登場時の効果で選ぶことはできません。

BO04-026 《ヴェイン》

Q. 味方が2枚の団員にアタックされているバトルで、追撃している相手の団員を何らかの効果で戦闘不能にした場合、俺は守るために戦う!でアタックの対象を変更することはできますか?
A. はい、できます。
俺は守るために戦う!を発動した時点でアタックしているカードが1枚であれば、アタックの対象は変更されます。

BO04-027《[ディリジェントナイト]ブリジール》

Q. 自分の団員エリアに《[小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)》が登場している時、シャルロッテ団長殿は自分のヒーローですの効果で《[ディリジェントナイト]ブリジール》のランクは0になりますか?
A. はい、0になります。 テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードが登場していれば、効果は有効になります。
Q. 「シャルロッテ」を含む団員が登場している時、《ソフィア》のメタノイアの効果で登場する際も、シャルロッテ団長殿は自分のヒーローですの効果で奥義ゲージの《[ディリジェントナイト]ブリジール》のランクは0になりますか?
A. はい、0になります。
シャルロッテ団長殿は自分のヒーローですの効果はどのような方法で登場する場合にも有効になります。

BO04-029《[君と紡ぐ、空の物語]イオ》

Q. ふふーん、相手が悪かったわね!の効果でデッキの上に置くアーマーは、どちらのプレイヤーが選びますか?
A. ふふーん、相手が悪かったわね!を発動したプレイヤーが選びます。 効果の中で「2枚まで選び」と指示がある場合、その効果を発動したプレイヤーが対象を選びます。

BO04-031《[開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)》

Q. コラプス++の効果を受けた団長や団員がバトルによるダメージやチェインバーストによるダメージを受ける場合、そのダメージも+2されますか?
A. はい、+2されます。
特に指定が無い場合、すべてのダメージに対して適用されます。
Q. ファンタズマゴリア++の効果は、《[開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)》がアタックした後に登場した団員もHPとATKに+2され、相手の、登場している団員と団長の効果で選ばれなくなりますか?
A. いいえ、されません。
ファンタズマゴリア++はアタック時に発動する自動効果なので、《[開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)》がアタックした時点での味方すべてを選んで効果を発揮します。
Q. ファンタズマゴリア++の効果では《[開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)》自身のHPとATKにも+2され、相手の、登場している団員と団長の効果で選ばれなくなりますか?
A. はい、HPとATKに+2され、相手の、登場している団員と団長の効果で選ばれなくなります。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。

BO04-033《[夜失の桃煙]キャサリン》

Q. ノクターナルの効果を受けた団員は、効果によるダメージも与えることができなくなりますか?
A. はい、与えられなくなります。

BO04-034《キャサリン》

Q. ノクターナルの効果を受けた団員は、効果によるダメージも与えることができなくなりますか?
A. はい、与えられなくなります。

BO04-035《[慈愛の薬草士]ジャスミン》

Q. レジストポーション+の効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《[慈愛の薬草士]ジャスミン》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
【アシスト】の効果は手札からのみ発動可能なので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも【アシスト】の効果で選ぶことができます。
Q. レジストポーション+の効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《[慈愛の薬草士]ジャスミン》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
召喚石カードは団長エリアと団員エリアのカードではないので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも召喚石カードの効果で選ぶことができます。
Q. レジストポーション+の効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《[慈愛の薬草士]ジャスミン》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
登場した団員カードは既に団員エリアのカードなので、登場時の効果で選ぶことはできません。
Q. レジストポーション+を発動した後、団員が登場した場合、その団員も相手の、登場している団員と団長の効果で選ばれなくなりますか?
A. いいえ、なりません。
レジストポーション+の効果は、発動した時点で登場している味方にのみ有効です。

BO04-037《[岩拳の老兵]ソリッズ(最終上限解放)》

Q. マッスルフューリー+の”このカードのクロスカウンター++は〔(0)〕で発動できる”とはどういうことですか?
A. 条件を満たしていれば、クロスカウンター++を発動を宣言するだけでコストを支払わずに発動できるようになることを意味しています。
なお、クロスカウンター++の”ターン1回”は失われないので、1ターンに1回のみ発動可能です。
Q. マッスルフューリー+の効果でクロスカウンター++を〔(0)〕で発動しました。その後、正規のコストを支払い、クロスカウンター++を発動できますか?
A. いいえ、発動できません。
クロスカウンター++はターン1回を持つ効果です。発動するためのコストに変更があった場合でも、ターン1回の制限は失われません。

BO04-038《[アルーフ・ウォーカー]ヴァンツァ》

Q. 隻角を癒す手でデッキから《[慈愛の薬草士]ジャスミン》を手札に加えることはできますか?
A. いいえ、できません。
テキスト中に《》で指定されている名称はカード名であり、指定された内容と全く同じ名前のカードのみを指します。
探検の醍醐味ではカード名が《ジャスミン》のカードのみ手札に加えることができます。

BO04-043《スカル》

Q. 宝晶石のにある《スカル》がレストの時に自由を掴むぜぇぇ~!!を発動しました。
この時、《スカル》はレストで登場しますか?
A. いいえ、アクティブで登場します。

BO04-045《[夜明けの鷲王]ネツァワルピリ(最終上限解放)》

Q. 奥義や効果などで《[夜明けの鷲王]ネツァワルピリ(最終上限解放)》のATKが変動している場合、大いなる翼の効果で与えるダメージは変動後のATKと同じダメージになりますか?
A. はい、なります。
このカードのATK分という指示では、その効果を発動した時点でのATKを参照します。

BO04-046《シエテ》

Q. クオーレ・ディ・レオーネの” そのカードの奥義を奥義ゲージを裏向きにせず、発動できる。”はどういう意味ですか?
A. 奥義の発動に奥義ゲージを決められた枚数裏向きにする必要がある場合でも、その枚数に関係なく、奥義ゲージを裏向きにせずに発動できることを意味します。
Q. 奥義ゲージにカードが1枚も無い場合でも、クオーレ・ディ・レオーネの効果で奥義ゲージを裏向きにせずに奥義を発動できますか?
A. はい、発動できます。
Q. クオーレ・ディ・レオーネの効果で奥義を発動したカードは、同じターン中に正規のコストを支払って奥義を発動できますか?
A. いいえ、発動できません。

BO04-047《[絢爛の紡ぎ手]コルワ》

Q. フィルチップが置かれている場合でも、団員エリアに団員を登場できますか?
A. はい、登場できます。
Q. 《[絢爛の紡ぎ手]コルワ》が場を離れた時、フィルチップも場を離れますか?
A. いいえ、離れません。
Q. 『フィルチップを消費する』とは、どのような行為を指しますか?
A. 自分の団員エリアに置かれているフィルチップを、決められた枚数分ゲームから取り除きます。

BO04-049《ロゼッタ(バレンタインVer.)》

Q. 受け取ってくれるかしら?私の気持ちの効果で公開したカードは裏に戻りますか?
A. はい、効果の解決が終了すると同時に裏向きに戻ります。
Q. 自分の宝晶石が3枚の時、受け取ってくれるかしら?私の気持ちによってランクが-1され、3になった団長カードはジョブチェンジできますか?
A. はい、ジョブチェンジできます。

BO04-050《[飛べない鷲]ネツァワルピリ》

Q. 王たる力を見せてやろう!により、《[夜明けの鷲王]ネツァワルピリ(最終上限解放)》を手札に加えることはできますか?
A. はい、手札に加えることができます。 テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードであれば、その効果で選ぶことができます。 王たる力を見せてやろう!ではカード名に「ネツァワルピリ」を含むカードであれば手札に加えることができます。

BO04-051《コルワ》

Q. フィルチップが置かれている場合でも、団員エリアに団員を登場できますか?
A. はい、登場できます。
Q. 《コルワ》が場を離れた時、フィルチップも場を離れますか?
A. いいえ、離れません。
Q. 『フィルチップを消費する』とは、どのような行為を指しますか?
A. 自分の団員エリアに置かれているフィルチップを、決められた枚数分ゲームから取り除きます。

BO04-052《[誘夢の奏者]セレフィラ(最終上限解放)》

Q. クラールシンフォニー++の効果のコストで公開したこのカードは裏に戻りますか?
A. はい、効果の解決が終了すると同時に裏向きに戻ります。

BO04-053《[君と紡ぐ、空の物語]ロゼッタ》

Q. ヘレボルスティアラの効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《[君と紡ぐ、空の物語]ロゼッタ》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
【アシスト】の効果は手札からのみ発動可能なので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも【アシスト】の効果で選ぶことができます。
Q. ヘレボルスティアラの効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《[君と紡ぐ、空の物語]ロゼッタ》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
召喚石カードは団長エリアと団員エリアのカードではないので、団長エリアと団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも召喚石カードの効果で選ぶことができます。
Q. ヘレボルスティアラの効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《[君と紡ぐ、空の物語]ロゼッタ》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
登場した団員カードは既に団員エリアのカードなので、登場時の効果で選ぶことはできません。

BO04-056《[希望を瞳に宿す者]スィール》

Q. 《[希望を瞳に宿す者]スィール》が戦闘不能になり、奥義ゲージに置かれた場合、バインドループ+の発動と団員の補充のどちらを先に行いますか?
A. 団員の補充を先に行います。

BO04-058《カルテイラ》

Q. 風読みの相場師で相手のデッキの上を見ることはできますか?
A. いいえ、できません。
特に指示もなくデッキを指定された場合、自分のデッキに効果を適用します。

BO04-059《[狂恋の華鎧]ヴィーラ(最終上限解放)》

Q. シュヴァリエマージを発動した後、同じターンに自分は団員の上限解放を行うことができますか?
A. いいえ、できません。
団員の上限解放はプレイヤー毎に1ターンに1回しか行えないので、効果のコストであっても同じターン中に既に上限解放を行っている場合、上限解放を行えません。

BO03-056《[枯命の禁術師]サルナーン》

Q. 禁術チップが置かれている《[枯命の禁術師]サルナーン》の上に上限解放した場合、禁術チップはどうなりますか?
A. 上限解放したカードの上に置かれます。
Q. 禁術チップが置かれている《[枯命の禁術師]サルナーン》が別の領域に移動した時、禁術チップはどうなりますか?
A. ゲームから取り除かれます。
Q. ルナーメア+の効果で20以上のダメージを与え、相手は手札からランク1以下の団員を登場できなくなりました。その後、相手のアーマーが破壊の処理でランク1以下の団員が表向きになった場合、その団員は登場できますか?
A. はい、登場できます。
アーマーの破壊で表向きになった団員カードは手札のカードではないので、登場させることができます。

BO04-062《[ゴブリンスレイヤー]ルシウス(最終上限解放)》

Q. 登場していた《[ゴブリンスレイヤー]ルシウス(最終上限解放)》が、何かしらによって団員エリアから移動しました。移動した結果、自分の登場している団員のランクの合計が自分の宝晶石の枚数以上になった場合、自分の団員をランクの合計が宝晶石の枚数以下になるようにする必要がありますか?
A. いいえ、する必要はありません。
登場している団員のランクが自分の宝晶石の枚数以下になる必要があるのは、団員を登場や上限解放する際のみです。

BO04-063《[古の病魔に冒されし者]ゼヘク》

Q. ぐっ…これが対価か…の処理はどうすればよいですか?
A. 《[古の病魔に冒されし者]ゼヘク》をアタックや追撃するカードとして選択すると同時に〔①→〕を支払います。支払えない場合、《[古の病魔に冒されし者]ゼヘク》をアタックや追撃するカードとして選ぶこと自体ができません。

BO04-065《サルナーン》

Q. ウニアの” 効果によってHPやATKが+されず、-されない。”とは、どういう意味ですか?
A. すべての団長と団員が“味方すべてのHPに+1する。”や、” 相手の団員すべてのHPとATKに-1する。”のような、HPとATKの値を変化させる効果を受けなくなります。
Q. ウニアの” 効果は奥義によるATKの上昇も受けなくなりますか?
A. いいえ、奥義による上昇は受けなくなりません。
奥義は効果とは異なるので、ATKが上昇します。
Q. ウニアの効果では《サルナーン》自身のHPやATKも+や-されなくなりますか?
A. はい、自身のHPやATKも+や-されなくなります。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. ウニアの効果は《サルナーン》が登場した後に登場した団員も効果がありますか?
A. はい、効果があります。
ウニアは期間の指定が無い永続効果なので、《サルナーン》が登場している間は常に有効になります。
《サルナーン》が登場している限り、すべての団員は常にHPとATKに+や-がされなくなります。

BO04-066《[妖しき薬師]シャオ》

Q. 相手の《ダークフェンサー(男)》のミゼラブルミストでHPとATKが-1されている団員が3枚登場しています。
そのうちの1枚に対して応病与薬+を発動した場合、他の団員の受けているHPとATK-1も無効になりますか?
A. いいえ、無効になりません。
応病与薬+の効果を受けた団員自身が受けている相手の効果を無効にするものであり、発生源を無効にする効果ではありません。
Q. 追撃を行った場合でも四百四病+の効果で手札1枚を奥義ゲージに置く必要がありますか?
A. はい、置く必要があります。
追撃を行った場合もアタックとして扱いますので、手札1枚を奥義ゲージに置く必要があります。
Q. 相手の手札に《[妖しき薬師]シャオ》が登場していて、自分の手札が0枚の時、自分の団員はアタックできますか?
A. はい、アタックできます。

BO04-068《[アンダリスの花]ルシウス》

Q. 希望の灯の効果で《[希望の灯]ティナ》を手札に加えることができますか?
A. はい、手札に加えることができます。
テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードであれば、その効果で選ぶことができます。
希望の灯ではカード名に「ティナ」を含むカードであれば手札に加えることができます。

BO04-070《スタン》

Q. 俺は、もっともっと強くなるを発動した後、同じターンに自分は団員の上限解放を行うことができますか?
A. いいえ、できません。 団員の上限解放はプレイヤー毎に1ターンに1回しか行えないので、効果のコストであっても同じターン中に既に上限解放を行っている場合、上限解放を行えません。

BO04-071《[妄想少女A]ルナール》

Q. ファクシミリ+が有効な時、《[古の病魔に冒されし者]ゼヘク》のペイン・オブ・スカーズ("ターン1回"〔闇①〕)を“ターン1回”を無視して発動する場合、コストはどう払えばよいですか?
A. 闇属性の宝晶石2枚と、好きな属性の宝晶石1枚をレストにします。
ペイン・オブ・スカーズを発動するためのコストで闇属性の宝晶石1枚と好きな属性の宝晶石1枚をレストにし、ファクシミリ+の効果によって闇属性の宝晶石1枚をレストにします。
Q. ファクシミリ+が有効な時、そのターン中に既に発動している“ターン1回”を持つ効果を、追加で〔闇〕を支払うことで発動できますか?
A. はい、できます。
既に発動している“ターン1回”を持つ効果であっても、ファクシミリ+の効果で〔闇〕を追加で支払うことで発動できます。
Q. ファクシミリ+が有効な時、そのターン中まだ発動していない“ターン1回”を持つ効果を、追加で〔闇〕を支払うことで発動しました。その後、通常のコストを支払うことで同じ効果を発動できますか?
A. いいえ、できません。
ファクシミリ+は、味方の “ターン1回”を持つ効果が使われた後でも、その効果を追加のコストを支払うことで再度発動できるというものであり、その効果が発動した回数自体を無効にすることはできません。既に発動された“ターン1回”を持つ効果を通常のコストを支払って発動することはできません。

BO04-073《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》

Q. 片翼の悪魔の効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 片翼の悪魔の効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 片翼の悪魔の効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 片翼の悪魔の効果が有効な時に、相手の《ダークフェンサー(男)》のミゼラブルミスト(相手の団員すべてのHPとATKに-1する。)を受けますか?
A. はい、ミゼラブルミストの効果を受けます。
ミゼラブルミストは対象を選択しない効果なので、片翼の悪魔が発動している場合でも有効になります。

BO04-075《[舞い降りし少女]アーミラ(半神半魔)》

Q. 自分の宝晶石が4枚以上あり、自分の団員エリアに団員カードが1枚も登場していません。
この場合、手札の《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》を登場させることができますか?
A. いいえ、できません。
《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》は《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》の効果でのみ登場することができます。
Q. 半神半魔+の効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(半神半魔》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 半神半魔+の効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(半神半魔)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 半神半魔+の効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《[舞い降りし少女]アーミラ(半神半魔)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
Q. 半神半魔+の効果が有効な時に、相手の《ダークフェンサー(男)》のミゼラブルミスト(相手の団員すべてのHPとATKに-1する。)を受けますか?
A. はい、ミゼラブルミストの効果を受けます。
ミゼラブルミストは対象を選択しない効果なので、半神半魔+が発動している場合でも有効になります。

BO04-076《[星跡の巡礼者]ソフィア》

Q. 団員が3枚登場している時にメタノイアの効果で奥義ゲージの団員を登場させることはできますか?
A. いいえ、できません。
登場させる効果では手札からの団員の登場と同様の制限を受けます。
Q. 宝晶石が3枚でランクの合計が3になるように団員が登場している時にメタノイアの効果で奥義ゲージのランク1の団員を登場させることはできますか?
A. いいえ、できません。
登場させる効果では手札からの団員の登場と同様の制限を受けます。
Q. メタノイアの効果で既に登場している団員と同じキャラ名の団員を奥義ゲージから登場させることはできますか?
A. いいえ、できません。
登場させる効果では手札からの団員の登場と同様の制限を受けます。
Q. メタノイアによって登場した団員は、その後のメタノイアのHPに+2する効果を受けますか?
A. はい、受けます。
HPに+2する効果はメタノイアの登場させる効果を処理した後に対象を選びます。
Q. メタノイアを発動した後に登場した団員はHP+2されますか?
A. いいえ、+2されません。
ジルコニアブライトの効果は、発動した時点で登場していた光属性の味方にのみ有効します。

BO04-078《アルベール》

Q. ライトニングバーストはアルベールがアタックによってダメージを与える場合でも発動できますか?
A. はい、発動できます。
Q. ライトニングバーストはそのターン中に「アルベール」が与えるダメージすべてに×10しますか?
A. いいえ、しません。
1回のライトニングバーストでダメージに×10されるのは1回だけです。
Q. 奥義ゲージに《アルベール》が複数置かれている場合で「アルベール」が相手にダメージを与える場合、奥義ゲージに置かれている《アルベール》すべてのライトニングバーストを発動できますか?
A. はい、発動できます。
その場合、発動した枚数分、ダメージに×10されます。
Q. 《[雷迅卿]アルベール》が何かしらでダメージを与える場合でも、ライトニングバーストは発動できますか?
A. はい、発動できます。
テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードであれば、その効果の対象になります。

BO04-079《アーミラ》

Q. バルサゴスの効果は《アーミラ》が登場した後に登場した団員も効果を得ますか?
A. はい、効果を得ます。
バルサゴスは期間の指定が無い永続効果なので、《アーミラ》が登場している間は常に有効になります。
《アーミラ》が登場している限り、すべての味方は常に効果を得続けます。
Q. バルサゴスの効果では《アーミラ》自身の効果を得ますか?
A. はい、効果を得ます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. 私は絶対にヘルヘイムに行くにより、《[舞い降りし少女]アーミラ(最終上限解放)》を手札に加えることはできますか?
A. はい、手札に加えることができます。
テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードであれば、その効果で選ぶことができます。
私は絶対にヘルヘイムに行くではカード名に「アーミラ」を含むカードであれば手札に加えることができます。
Q. 相手のカードの効果で手札の《アーミラ》が奥義ゲージに置かれた場合でも、私は絶対にヘルヘイムに行くは発動できますか?
A. はい、発動できます。
特に条件が書かれていない場合、どのような方法で奥義ゲージに置かれた場合でも発動します。
Q. 自分のカードのコストで手札の《アーミラ》が奥義ゲージに置かれた場合でも、私は絶対にヘルヘイムに行くは発動できますか?
A. はい、発動できます。
特に条件が書かれていない場合、どのような方法で奥義ゲージに置かれた場合でも発動します。

BO04-081《[勤勉なる聖騎士]バウタオーダ》

Q. 味方が2枚の団員にアタックされているバトルで、追撃している相手の団員を何らかの効果で戦闘不能にした場合、カバレーロシールド+でアタックの対象を変更することはできますか?
A. はい、できます。
カバレーロシールド+を発動した時点でアタックしているカードが1枚であれば、アタックの対象は変更されます。

BO02-082《ロザミア》

Q. 仮面の力が…少しずつ私のものになっていく…を発動した後、同じターンに自分は団員の上限解放を行うことができますか?
A. いいえ、できません。
団員の上限解放はプレイヤー毎に1ターンに1回しか行えないので、効果のコストであっても同じターン中に既に上限解放を行っている場合、上限解放を行えません。

BO04-083《ヨハン》

Q. 相手のカードの効果で手札の《ヨハン》が奥義ゲージに置かれた場合でも、僕の知識がきっと役に立つでしょうは発動できますか?
A. はい、発動できます。
特に条件が書かれていない場合、どのような方法で奥義ゲージに置かれた場合でも発動します。
Q. 自分のカードのコストで手札の《ヨハン》が奥義ゲージに置かれた場合でも、僕の知識がきっと役に立つでしょうは発動できますか?
A. はい、発動できます。
特に条件が書かれていない場合、どのような方法で奥義ゲージに置かれた場合でも発動します。

BO04-084《バウタオーダ》

Q. 高潔なふたりにより、《[小さな聖騎士]シャルロッテ》を手札に加えることはできますか?
A. はい、手札に加えることができます。
テキスト中に「」で指定されている名称はキャラ名であり、指定された内容をカード名に含むカードであれば、その効果で選ぶことができます。
高潔なふたりではカード名に「シャルロッテ」を含むカードであれば手札に加えることができます。

BO04-089《サテュロス》

Q. フェルトロナン発動して、HP1の団員のHPに-2できますか?
A. はい、できます。
その場合、HPに-2された団員はHP-1になります。
ただし、HPが0以下になっても、ルールによって戦闘不能になることはありません。

BO04-090《オクシモロン》

Q. ユニコーン・アタイアの効果で相手の団員を手札に戻した場合、相手は団員の補充ができますか?
A. いいえ、できません。
団員の補充は、団員が戦闘不能になって奥義ゲージに置かれた場合にのみ可能です。

BO04-091《火竜レックウザ》

Q. 《火竜レックウザ》の召喚を発動して、上限解放している相手のランク0の団員を2回戦闘不能にすることはできますか?
A. いいえ、できません。
効果の対象をX枚選ぶ、という指示がある場合、X枚の対象を同時に選ぶ必要があります。
団員2枚を選ぶ効果で、同じ団員を2回選ぶことはできません。

BO04-093《カー・オン》

Q. 《カー・オン》の加護の効果は発動した後に登場した団員もHPとATKに+3されますか?
A. いいえ、+3されません。
《カー・オン》の加護の効果は発動した時点で登場していた味方のみに効果を発揮します。

BO04-097《グレイブティガー》

Q. 《グレイブティガー》の召喚を発動して、上限解放している相手のランク0の団員を2回戦闘不能にすることはできますか?
A. いいえ、できません。
効果の対象をX枚選ぶ、という指示がある場合、X枚の対象を同時に選ぶ必要があります。
団員2枚を選ぶ効果で、同じ団員を2回選ぶことはできません。

BO04-103《ブラックラビット》

Q. 《ブラックラビット》の加護を発動した後に登場した団員はHPに+2されますか?
A. いいえ、+2されません。
《ブラックラビット》の加護の効果は、発動した時点で登場していた闇属性の味方にのみ有効します。

BO04-106《ピクシー》

Q. 《ピクシー》の加護を発動した後に登場した団員はHPに+2されますか?
A. いいえ、+2されません。
《ピクシー》の加護の効果は、発動した時点で登場していた闇属性の味方にのみ有効します。

BO04-107《ベルセルク(男)》

Q. ウェポンバーストIIIの効果による奥義を発動した後に、自身の奥義を発動することはできますか?
A. いいえ、できません。
奥義は効果による発動を含め、1ターンに1回までしか発動できません。
Q. ウェポンバーストIIIの効果による奥義は、奥義ゲージが0枚の時でも発動することができますか?
A. はい、奥義ゲージが0枚でも発動できます。
Q. アーマーブレイクIIの効果を受けた団長や団員がバトルによるダメージやチェインバーストによるダメージを受ける場合、そのダメージも+3されますか?
A. はい、+3されます。
特に指定が無い場合、すべてのダメージに対して適用されます。

BO04-108《セージ(女)》

Q. ヒールオールIIIの効果は、発動した後に登場した団員もHP+2されますか?
A. いいえ、+2されません。
ヒールオールIIIを発動した時点での味方すべてを選んで効果を発揮します。
Q. ヒールオールIIIの効果では《セージ(女)》自身のHPも+2されますか?
A. はい、+2されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。
Q. ディスペル・シージの効果で相手のレベルカードを複数持つ団員を選んだ場合、置くレベルカードはどちらのプレイヤーが選びますか?
A. ディスペル・シージを発動したプレイヤーが選びます。

BO04-109《賢者(男)》

Q. 奥義や効果などで《賢者(男)》のATKが変動している場合、神足陣の効果で与えるダメージは変動後ATKと同じダメージになりますか?
A. はい、なります。
このカードのATK分という指示では、その効果を発動した時点でのATKを参照します。

BO04-110《忍者(女)》

Q. 忍術を発動した際、水遁や風遁や呪縛は発動可能なものを必ず発動する必要がありますか?
A. いいえ、発動は任意です。

BO04-111《ビショップ(男)》

Q. ヒールオールIIの効果は《ビショップ(男)》にジョブチェンジした後に登場した団員もHP+1されますか?
A. はい、+1されます。
ヒールオールIIは期間の指定が無い永続効果なので、《ビショップ(男)》が登場している間は常に有効になります。
《ビショップ(男)》が登場している限り、すべての味方の団員は常にHP+1され続けます。
Q. 相手の《ダークフェンサー(男)》のミゼラブルミストでHPとATKが-1されている団員が3枚登場しています。そのうちの1枚に対してディスペルを発動した場合、他の団員の受けているHPとATK-1も無効になりますか?
A. いいえ、無効になりません。
ディスペルの効果を受けた団員自身が受けている相手の効果を無効にするものであり、発生源を無効にする効果ではありません。

BO04-112《サイドワインダー(女)》

Q. アローレインIIIの効果は、発動した後に登場した相手の団員もATK-2されますか?
A. いいえ、-2されません。
アローレインIIIを発動した時点での相手の団員すべてを選んで効果を発揮します。

BO04-113《アルケミスト(男)》

Q. 士気向上の効果で味方の数を参照する場合、《アルケミスト(男)》自身も含みますか?
A. はい、《アルケミスト(男)》自身も含みます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。

BO04-115《クレリック(男)》

Q. クリアオールの効果が有効な時に、相手は【アシスト】の効果で《クレリック(男)》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
【アシスト】の効果は手札からのみ発動可能なので、団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも【アシスト】の効果で選ぶことができます。
Q. クリアオールの効果が有効な時に、相手は召喚石カードの効果で《クレリック(男)》を選ぶことができますか?
A. はい、できます。
召喚石カードは団員エリアのカードではないので、団員エリアのカードの効果に選ばれない状態でも召喚石カードの効果で選ぶことができます。
Q. クリアオールの効果が有効な時に、相手は団員の登場時の効果で《クレリック(男)》を選ぶことができますか?
A. いいえ、できません。
登場した団員カードは既に団員エリアのカードなので、登場時の効果で選ぶことはできません。
Q. クリアオールを発動した後、団員が登場した場合、その団員も相手の登場している団の効果で選ばれなくなりますか?
A. いいえ、なりません。
クリアオールの効果は、発動した時点で登場している味方にのみ有効です。

BO04-117《プリースト(男)》

Q. ヒールオールの効果は、発動した後に登場した団員もHP+1されますか?
A. いいえ、+1されません。
ヒールオールを発動した時点での味方すべてを選んで効果を発揮します。
Q. ヒールオールの効果では《プリースト(男)》自身のHPも+1されますか?
A. はい、+1されます。
「他の味方」等の対象を指示されていない場合、その効果を持つカード自身も影響を受けます。