クルセイドシステムカードシリーズ オフィシャルサイト > 攻略記事

攻略記事

サンライズクルセイド攻略記事

FILE:314

サンライズクルセイド第23弾「覇魔の疾風」カード紹介 その1

バイファム(7号機/スリング・パニアー)
前弾の「バイファム(7号機)」は、強力なユニットですが、エース+1コインが増える前に干渉されてしまうと、意外ともろいという弱点がありました。

ですが、今回の「バイファム(7号機/スリング・パニアー)」を使えば、これまでの倍のスピードでコインを貯めることができるので、相手に何かをされる前に圧倒的なサイズへと育て上げることができます!

このカード自体が「ブースト」を持っていますので他のユニットの展開を阻害することがなく、コインを得る時の効果もドローと使いやすいので、さまざまなデッキで活躍することができます。

また、手札を捨て札にする効果も持っていますので、これまでの“手札を捨て札にするギミック”にも採用することができるユニットなっています。
バイファム(7号機/スリング・パニアー/シールド)
もう1種の「バイファム」は、自身の指定コストを赤にする事ができるユニークな能力を持っています。

この能力により、赤を主体としたデッキにも採用することができるユニットとなっています。

2つ目のテキストである、手札からこのカードが捨て札になった時に起動する能力も強力で、相手ユニットの干渉から自分のカードを守る“シールド”として使うことができます。

バイファム(7号機/スリング・パニアー)」の効果で手札を捨て札にすることができますので、セットでいろいろなデッキに出張することができるでしょう!
ライジンオー(ゴッドサンダークラッシュ)
ライジンオー(ゴッドサンダークラッシュ)」は、前弾の「剣王」の合体テキストで場に出すことができるユニットです。
このカードは、ダメージに頼らずに相手のユニットに干渉してきますので、これまで不得手だったダメージ耐性を持ったユニットに対して戦いやすくなっています!
さらに、ユニットのテキストを無効にすることもできますので、ダメージ減殺テキストを無効にすることで、他の「ライジンオー」のダメージ効果が使いやすくなるでしょう!
ゴッドライジンオー(ハイパーサンダークラッシュ)
ゴッドライジンオー(ハイパーサンダークラッシュ)」は、手札を捨て札にするだけで交戦中のユニットを捨て山の上に移動させてしまうパワフルなユニットです。
緑のカードを捨て札にしていれば、破壊無効のテキストも使えるようになりますので、非常に頑丈なユニットとして戦線を支えてくれるでしょう!
また、この破壊無効のテキストは、自身だけではなく仲間ユニットの破壊も無効にできますので、非常に使い勝手の良いテキストとなっています。

今弾には、別の色の指定コストとしても扱うカードが多数収録されていますので、他の色のデッキでも効果的に使うことができます。
剣王&鳳王&獣王
剣王&鳳王&獣王」は、それぞれ3枚の名前のユニットとしても扱いますので、前弾の「鳳王」、「獣王」のサーチ対象としてや、「剣王」の合体パーツとして運用することができます。
【 】で括られた戦闘力強化テキストも持っており、単体でも6/4/6と意外と高い戦闘力で交戦可能で、合体後もユニットをサポートできる優秀なカードとなっています。

また、黒の指定コストになる能力も持っており、黒の“セットカードギミック”でも使うことができるようになっています。
ライジンオー&バクリュウドラゴン
ライジンオー&バクリュウドラゴン」は、ジャンクヤードから復活する能力を持った、「名称:ライジンオー」ユニットですので、消耗戦のあとのリカバリーなどで活躍できるユニットです。
条件の“緑以外”も、「剣王&鳳王&獣王」などで満たせますので、比較的簡単に復活させることができます。

また、「エース」を持っていないので、「エース」を圧迫せずに場に展開可能で、いざという時には「武装変更」元にもなれる使い勝手の良いユニットです。
マグナムエース
マグナムエース」は、自身にエース+コインを乗せることで、デッキの中から好きな「Sサイズ」の仲間を探し出して、直接場に勧誘することができます!
もう1つの能力で、仲間ユニットの数だけ自身の戦闘力が上がりますので、勧誘していけばしていくほど、盤面と共に自身も強力なユニットへと成長していきます!

エース+1コインを3ターン目から増やせますので、「バイファム(7号機)」「バイファム(7号機/スリング・パニアー)」との相性も良くなっています!
マッハウインディ
マッハウインディ」は、増え過ぎたエース+1コイン問題を、“エース-1コインを乗せる”と“コインを取り除く”という2つのアプローチで解決してくれます!
自身が「加速」を持っていますので、エース-1コインを乗せる条件はかんたんに満たすことができ、いろいろなデッキへ出張することも可能なユニットでしょう!
コインを取り除いて行う相手ユニットの破壊もシンプルに強力ですので、5レベルになったらすぐさま「マグナムエース」で勧誘してきましょう!
グランゾート(フェイズモード)
グランゾート(フェイスモード)」は、プレイされて場に出るか、手札から捨て札になると起動するという珍しい条件を持ったユニットです。
効果が起動すれば、デッキから「魔動王」ユニットを探し出すことができるので、どちらの条件で使っても手札を減らさないことができる使いやすいユニットです!
ウインザート(フェイスモード)/アクアビート(フェイスモード)
ウインザート(フェイスモード)」と「アクアビート(フェイスモード)」は、それぞれ「グランゾート(フェイスモード)」と同じ起動条件のテキストを持ったユニットで、「武装変更」元として優秀なユニットです。
武装変更」で手札に戻った後は、捨て札にすることで無駄なく使いきることができるでしょう!

また、それぞれ別の色でも使えるようになるテキストを持っていますので、別の色のデッキに出張させたり、特定の色のカードを必要とするテキストと相性が良くなっています。
グランゾート
グランゾート」は、これ以降赤のカードをプレイするだけで、相手のユニットを休息状態にしてしまう驚きの能力を持ったユニットです!
このユニットさえいれば、「装填」ユニットをプレイしただけで休息、「存在の否定」で相手のコマンドを無効にしつつさらに休息と、やりたい放題ができるでしょう!
さらには、赤以外のカードをプレイすると、休息状態の相手のユニットの全テキストを無効化することができますので、そのユニットを完璧に封じ込めることができます。

通常であれば、別の色のカードを沢山入れなければ両方のテキストを使えませんが、「ウインザート(フェイスモード)」や「アクアビート(フェイスモード)」のように、本来の色とは別の色として扱うことができるカードが多数収録されているため、これらのカードをプレイすれば、1枚で両方のテキストの起動条件を満たすことができてしまうのです!
グランゾート(一刀両断エルディカイザー)
グランゾート(一刀両断エルディカイザー)」は、手札というコストこそ支払うものの、4コストという比較的軽量なユニットでありながら、相手の配備エリアのユニットに干渉することができる破格の性能を持ったユニットです。

さらに、捨て札にする手札が赤以外であれば、その分だけ手札を補充できますので、「ウインザート(フェイスモード)」や「アクアビート(フェイスモード)」などを活用すれば毎ターン効果を使えるでしょう!

ブースタードラフト大会でも注目!

今弾に新たに登場した「~の指定コストとしても扱う事ができる」テキストは、2016年1月の公認店大会「ブースタードラフト大会」でも、別の色と組み合わせて使いやすいカードとなっていますので、ドラフトでデッキを作る上で新たな選択肢を広げてくれるでしょう!
クルセイドアーカイブ
第2弾ブースター「果て無き激戦」 トップエース8種のデッキを紹介!
公認大会に参加して、トップエースを手に入れよう!
特殊効果の使い方!
スーパーロボット大戦Vブースター1箱とスターターのカードでデッキを作ってみた
第1弾ブースター「新たなる航海へ」 トップエース全15種のデッキを紹介!
「アムロ・レイ」デッキと「兜甲児」デッキと ブースターのおすすめカードを紹介!
スターターセットを改造&プロモーションカードで強化した「叢雲総司」デッキを紹介!
スパロボV限定大会に参加しよう!
2017年3月31日適用新ルール 自動型テキスト・武装変更のルール変更についての詳細
3月31日より「分かりにくかったクルセイドの一部のルール」を「分かりやすいルール」に変更します
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~詳細レポート
クルセイド皇帝杯~2017 Winter~速報レポート
「サンライズクルセイド 無限の救済」シーズンデッキ紹介
サテライト大会大阪&東京レポート
トップエースについて
トップエースの使い方

“PlayStation”、“PS4”、“PS Vita”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。